誰も教えない株式投資の勝ち方:勝ち組の条件

「負け組」から這い上がる!勝ち組を志向する個人投資家のバイブルサイト ガチ本音で書いてしまおう!

株式投資には特別「強いメンタル」は実は必要ないと思います。特別な強さを求めても、すぐに会得できるものではありませんよね。人間は誰しも(例外なく)弱いものです。メンタルが特別強い投資家ははっきり言って滅多に存在しないと思います。ただ、本当に必要なのは(自分 ...

株式投資で失敗するメンタリティ 個人投資家の多くは独学で、または僅かなアドバイスで株式投資を始めてしまいます。運よく成功する個人投資家は稀で、大半(9割以上?)は損失を出す結果に。そうなると知らず知らずのうちに「失敗するメンタリティ」が芽生え、投資を重ねる ...

短期投資なら地合を制する者が勝ち組株式市場では、世界経済の先行き、政治状況、金融政策の動向が全体相場に大きく影響するような時、株価の変動は「地合の変化」によってもたらされるもの。結論から言うと地合を見ない(あまり気にしない)投資家は勝ち組になるのはまず無 ...

株価を決める要素テクニカルテクニカル(分析)とは過去の株価の動きを分析することで将来の株価を予測することです。もちろん主要な指標は「株価チャート」ですが、他にも一目均衡等様々な手法で解析が行われてますね。ここで重要なのは、チャートを使って株価の連続性と ...

誰でも株式投資で損失を抱え、泣く泣くロスカットした経験があります。株価は思い通りの動きをしてくれませんから、どんなに上級者であっても、プロの運用者であってもその経験は無数にあるでしょう。負けた直後の精神状態はある意味正常とは言えない状態です。人間ですから ...

短期投資においては、株価が移動平均線に対してどういう動きをしたときに(短期)トレンドが変わるのかを見分けることが最も重要だと断言します。もちろん、株価決定の要素は他にも多々ありますが、アクティブなローソク足が今、現時点での需給を表しているからですね。移 ...

株式投資をするには、まず投資対象の銘柄に対して自分なりの投資判断をしなくてはなりません。ある銘柄が買われて株価がグングンと上昇する、逆に売られて大きく下落する、と言うような場合、すぐに目につくのは「値動き」で、銘柄スクリーニングだけでなく株価ランキング ...

個人投資家がリスクヘッジと聞いて真っ先に思い浮かべるのが、持ち越さない、1日で取引を完結する、という所謂デイトレードですね。玉(建て玉)を持ち越せば、当然その晩の米国市場や場合によっては欧州市場の影響を受けますから、翌朝の寄り付きはギャップアップまたはギ ...

個人投資家の場合、投資資金量の状況にもよりますが、多くの方は、値動きのいい中・小型株を好んで手掛けると思います。その場合、日経225主力銘柄系とは異なる戦略が必要になってくるというのを意識されている方も多いと思いますが、感じた通り実際に手法は大きく異なりま ...

株式市場の体質が決まる要因株式市場は期待通りには動かないもの。その理由は日本市場の季節要因と世界経済(日本経済)の変化に応じて海外投資家の動向が絡み合うからです。海外企業の決算や予算年度は1月~12月ですが、日本は4月~翌年3月が会計年度と称して世界でも特異 ...

株式投資の独学はリスクが高すぎる株式投資は最初は皆、独学で始めると思います。でも初心者・入門者にとっては正直、難しいということさえ分からないでしょう。知識や情報がないから難しさを感じないんですね。ところが、最初にビギナーズラックで儲かったりすると、株式投 ...

株式投資で生活するために必要なこと株式投資で日々の生活費を稼ぐ、月々の収入をコンスタントに稼ぎ出す、という言わば「個人投資家のプロトレーダー」を目指すなら、資金量にも因るけれど、いきおい投資スタイルは短期投資となってきます。そして中・長期の株式投資と比 ...

経験のみに頼らず学べるものはすべて学ぶという姿勢(合理主義)株式投資には株価チャートや株価分析の様々なテクニカル指標があったり、企業業績や経済見通しの状況を分析するファンダメンタルズに対する様々な見方もあります。それらの知識は株式投資をする上で必要なこ ...

「最初は勝ってたのに・・・」「最近何をやっても勝てない・・・」「いまは負けてるけれどなんとか一発逆転を・・・」夢を描いて株式相場で財産形成を目指していたのに、負け組に甘んじてる個人投資家の方に最初に確認してほしいことがあります。株式投資に関する考え方は人 ...

ブログ開始の経緯2015年2月9日から、私の修羅の道が始まりました。それから足掛け3年11ヵ月の投資履歴はすべて「株・修羅の道」にほぼライブで記載してきて、現在では6000記事という膨大な記録になっています。なので改めて紹介するまでもないと思うけど、運に恵まれて大き ...

↑このページのトップヘ